イスタンブールのきゅうり売り

道ばたで、『きゅうり』の屋台を発見!

屋台のそばには、細い『きゅうり』を擬人化したような、髭のおっちゃんが手持無沙汰そうに立ってます。

へっ、きゅうり?・・・・なんできゅうりだけこんなにいっぱい?食べるの?買ってくの?

・・・で、好奇心いっぱいのノーテンキ頭は、お客さんが来るまで、見物させてもらうことにしました。

よかった、すぐにお客のクリクリカール頭のおじさんがやって来たよ。

きゅうりのおっちゃんは、ナイフでシャシャッと皮をむいて、きゅうりの脇に置いてあった塩の容器をパパッと振って、
ハイ、どうぞ。

カール頭のおじさんはシャリッと小気味よい音を立てて、食いつきます。

フム、『きゅうり』などの夏野菜には、体を冷やす働きがあると聞きまする。

イスタンブールの夏はきっと暑くなるから、こんな屋台があるんだね。

蒸し暑い東京でも『きゅうりの屋台』をやったら、あ~、トレンディだね~と流行るかも、、、、なんちゃって、、、。