Tourism in Mediterranean 地中海観光

2008年 トルコ アランヤ インターナショナル・カートゥーンコンペ
Alanya Tourism Promotion Foundation Prizeアランヤ観光局プロモーション賞を受賞した ホッキョクグマの親子です

で、、、行ってきました!トルコに!アランヤに!授賞式に!・・・飛んでイスタンブ~ル~♪

トルコのアランヤってどこ?どんなとこ?

それまでトルコについて知っていたことは・・・ヨーロッパとアジアの境目ボスポラス海峡、アヤソフィア、奇岩のカッパドキア、白い天然温泉棚のパムッカレ。

あっ、そして、日本人に親切・・なぜって明治時代に難破したトルコの船を助け、義援金まで集めて持って来てくれたから・・という昔の恩義をいまだに忘れない律儀な国。わたしの中では、生真面目に絨毯を織っているちょっと田舎チックなイスラムの国、というイメージ。

アランヤは地図で見ると、トルコのエーゲ海沿岸をず~っと南下して、ロードス島の対岸を地中海沿いに東に行った所にあります。日本人観光客は、地中海沿いの大きなリゾート地アンタルヤまでは行くけれど、そこから内陸のパムッカレやコンヤ、カッパドキアに向かってしまうので、アンタルヤから車で2時間かかるアランヤまではなかなか足を伸ばさない。で、『地球の歩き方』にもほんのチョピッとしか載っていない。

あら、困った。

が、、、今はインターネットという便利な文明の利器の時代。

インターネットで見たアランヤは、お~、ナンと、、、海岸通りには贅沢なリゾートホテルやマンションが建ち、ビーチにはおしゃれなパラソルの林。夏になるとバカンスを楽しみにヨーロッパ中から観光客がどっと押し寄せ、エッここは本当にトルコ?もしやワイキキ?ニース?と勘違いしそうな、エレガントな美しいリゾート地。認識不足のわたしは、『この無知と傲慢さを、ごめんしてください』と謝るのでした。

そして、体験した生トルコ!

トルコのエーゲ海、地中海沿岸は、紀元前の昔々から、ギリシャの植民都市だったり、東ローマ帝国(=ビザンツ帝国・首都はコンスタンティノープル、今のイスタンブール)だったりで、セルジュクトルコやオスマントルコに支配されるまでは、ギリシャ・ローマの文化が花開いた、『青い海に、白い大理石の神殿』の国だったのです。

まるでミルフィーユケーキの層のように、全く違った文化、宗教、歴史が積み重なり、『現代はイスラム、遺跡はギリシャ神話とローマのスペクタクル』の、地中海のルーツのような国ですから、なんたってトルコは奥が深くて、面白い!

アランヤのホテルの目の前の海岸の名前は、クレオパトラビーチ。

ナンでトルコでクレオパトラ?

その昔、アントニウスが愛しい新妻クレオパトラに、このアランヤからシリア国境までのキリキアの海岸を結婚のお祝いとしてプレゼントしたんだってさ。ま~、アントニウス様、ナンて素敵な大盤振る舞い。

こんなロマンチックなエピソードを聞くと、ローマ時代の映像、ハリウッド映画のエリザベス・テーラーのクレオパトラなんかが浮かんできて、嬉しくなります。

実際海岸の砂浜は、大理石が長い年月を経て海で洗われて細かい砂粒になったもの。海の碧さがひときわ美しく映える海岸。妄想オタクッチのわたしはクレオパトラビーチで、『あら~おまえちゃん、いったいどんな歴史を経験してきたんだい』と、きれいな石探しに夢中になっていました。

で、前置きがながくなりましたが、

今回のわたしのカートゥーンは、そんなトルコのアランヤにはるばる北極からやって来た、地球温暖化の影響を最も大きく受けている『ホッキョクグマの親子』が主人公です。

TVでは悲壮感漂う映像で、人々の同情と何とかしてあげなくちゃという正義感を誘いますが、、、、

そこは、漫画。

シリアスで大変なことを、『ばっかだ~、こんなのありえね~』と言われようが、『大丈夫、できちゃうのよ。だって漫画だも~ん』と開き直れるところに漫画の醍醐味があります。笑いと、楽しさ、おもしろさに変え、楽天的に描くことで、その奥に隠されている心情を察していただければ、漫画家はそこまで読み取ってくだすったか、よしよし、と嬉しいのであります。

長旅たいへんだったでしょ~。

母は強いモンです!

わが子をナンとかいい環境の下で生存させなくちゃ、と壊れかかった北極を捨て、決死の覚悟で、憧れの温暖のリゾート地アランヤまで旅をしてきたのです。

やっとたどり着いた安住の地は、暖かく、海もおだやか、椰子の葉陰の天国のようなリゾート。

ず~っと憧れていた、花柄のビキニを着て、海岸でお昼寝。

アルファー波溢れて、フワ~ッと幸せのため息が聞こえてきそうです。